鍼の目的


当院の鍼治療の目的について

“自己認識さえ身につけば、彼らは自力でどんどん学んでいくだろう。 そして、そうした自己教育にこそ、永遠の価値がある。”

ジョン・テイラー・ガット著 「バカをつくる学校」より

当ホームページをご利用していただくにあたり、まずはこちらのページの「ご利用前に」をご確認下さい。


目的

治癒力はすでにあり、常にはたらいています。
それは風邪や傷が治るといった身体のはたらきだけではありません。

周囲の環境や人間関係、食事、そして医師や治療方法の選択なども結局は治癒と関連しています。
治癒力は情報の取捨選択、学習能力や環境への適応能力などと不可分です。
そのような治癒力のはたらきを支えるのが自己認識であり、安静(身体の休養と情緒の安定)です。

しかし、記憶から生じる習慣的な緊張はそれらを妨げます。
自己認識が部分的に障害されて心身の偏りが戻らなくなります。
そして神経(自律神経)、内分泌、免疫から、消化吸収排泄、循環、精神など様々な機能に影響が及びます。
全体の調子やバランスが崩れていき、その人の弱い部分(弱った時)から症状となって表面化してきます。

わかりやすいのは筋肉(筋緊張)と精神(的なストレス)です。
身体イメージの歪みなどから筋肉を緊張させた(力を入れ続けた)状態が継続します。
動きや姿勢が制限されたり痛みが生じたりしますし、無理な動き方をしてしまいます。
疲れやすくなったり、疲れに気づきにくくなったり、疲れが抜けにくくなったりします。

精神面ではストレスを抱え込みやすくなります。
自己イメージの混乱から周囲との間に適切な境界を設定できず、自分自身にとって何が必要で何が必要でないか、合うか合わないか等の基準が乱れます。
感じ方や考え方が狭まったり偏ったりして、イライラや恐れ、後悔や焦りが募るなど感情が安定しません。
興奮と不安が本来の肯定感や安心感を覆い、次第に元気が消耗していきます。

習慣的な緊張や疲れは治癒力の軛(くびき)となっています。
しかし表面化した症状は認識できても、根本の問題はその習慣が根深いほど認識されません。

そのような問題に対して外へ向かって解決を求めても、穴の開いた袋に水を入れ続けるようなものです。
治癒や回復を望みながら、それとは逆の方向へと向かっていきます。
まるで自ら穴を広げていくかのようであり、治癒から逃げていくかのようです。

治癒や回復を目指すには治癒力の障害を除去すること、穴を塞ぐことが必要です。
その具体的な方法の一つが、自身の境界である体表を再確認(観察)することです。

東洋医学において体表は大切なエネルギーが行き来する所とされています。

“腠者是三焦通会元真之処為血気所注”  張仲景「金匱要略」より
古くから体表の鍼治療(刺さない鍼治療)が行われていたことが書物に記されています。
そして東洋医学の治療原則で「補寫(ほしゃ)」という言葉がありますが、補は「衣服のほころびを縫う」などが原義のようです。

“衣を完くするなり。衣に従い甫の声(説文)” 柴崎保三著 「鍼灸医学大系」より

現代では皮膚は内界(身体内部)と外界との境界であり、ホメオスタシスの要所と言われています。
神経(自律神経)・内分泌・免疫、感情などと密接に関連しており、慢性的な緊張を解く要所です。

“皮膚は恒常性(ホメオスタシス)調節の中心的存在”
「生存する脳Descartes'Error」 アントニオ・R・ダマシオ著

当院の鍼治療は体表から緊張を解いていくことで、自分自身をよりよく知ることが目的です
緊張が解けることで識別力が高まり、それまで意識できなかった自分自身の現状が認識されていきます。
緊張に伴なう心身の偏りは認識されることで回復へと向かいます。(治癒力発揮)。
根強い心身の緊張は完全に手放すことが難しいですが、続けていくことで少しずつ解けていきます。

自身の緊張を解消したり自他境界を適切に設定すること等は、健康的に生きていくために必要な自己認識に関わる能力です。
それは生まれ持ったものを基礎にして乳幼児期の保護者との直接的な温かい接触、その後の周囲との間接的な接触によって養われていきます。
環境(関係性)や出来事(ストレス)に影響されるため、社会的地位や収入などに関係なく、個人差がとても大きいです。
(たとえ基礎能力が構築できていなくても、部分的もしくは特定のパターンで発達が止まったままでも身体は成長します。)

ここでの鍼治療は緊張を解いて全体の調子を整えるとともに、長期的にはそういった能力を高めていくトレーニングとなります。
問題の深刻さによって進展の度合いは様々ですが、強い意志で焦らず誠実に取り組めば着実に進んでいきます。
体表への注意を向け方を身につけ、心身状態を意識する能力(緊張を解く力)の向上を目指しています。

“結局のところ、病気そのものも境界の問題に行き着くのかもしれない。
病気になりやすいタイプを予測する研究を見ると、いちばんリスクが高いのは、自律性をもった自己意識がまだ確立できていない時期に境界を侵害された人なのである。”
 「身体が『ノー』と言うとき」  ガボール・マテ著

どれだけ健康に気をつけていても早く死ぬ人はいますし、不健康な生活をしていても長生きする人はいます。
どれだけ鍼をしても身体は不病不老不死とはなり得ませんし、生まれてくる環境や遺伝(素因)、出来事などを含め、突き詰めていくと生病老死は運命と言えます。

しかし体表という境界を再確認していくことによって自分自身をよりよく知ることは可能です。
それによって習慣となっていた緊張や不安から少しずつ自由になり、回復や治癒、発達や成熟が促進されます。
そして結局は、それもまた治癒力のはたらきと言えます。





ページトップへ戻る


         
    次のページへ
   





目次


Copyright©2012-2016 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。