小児はり


当院の小児はりについて

“子供たちのことで、何かを直してやろうとするときにはいつでも、 それはむしろ我々のほうで改めるべきことではないかと、 まず注意深く考えてみるべきである”

カール・グスタフ・ユング

当ホームページをご利用していただくにあたり、まずはこちらのページの「ご利用前に」をご確認下さい。

小児鍼とは?



小児鍼は赤ちゃんや幼児に対して行う、皮膚への刺さない鍼のことです。
金属製のヘラや棒(てい鍼)で行うところが多いです。
痛くない、何となく心地よい刺激です。

当院は刺さない鍼治療を専門に行っています。
子供も大人も体表(皮膚)に鍼をしており、基本に違いはありません。
大人は通常の鍼(ごう鍼)で皮膚のツボに接触させることが多く、子供はてい鍼(下の写真)で行うことが多いです。
状態や状況によって使い分けています。

全身に満遍なく施術を行うわけではなく、ローラー鍼を使うことはありません。
集毛鍼などでチクチクすることもありません。
赤ちゃんや幼児の場合、実際に施術している時間は大体5分以内です。

小児鍼の効果として、よく言われるのが赤ちゃんの「疳の虫(かんのむし)」です。
キーキーわめく、イライラや癇癪、夜泣きや夜驚症、そして夜尿症(おねしょ)などがあげられます。
見た目としては、青スジ、目がつり上がる、眉に力が入っている、髪が逆立つ、などです。


疳(かん)はやまいだれに甘と書き、甘いものの食べ過ぎ等による消化系統の乱れから生じるとも言われています。
また、精神的ショック(ストレス)があった場合も消化活動や疳に影響します。
小児鍼は消化や排泄、情緒を整え、治癒力を高めます。




皮膚と緊張



小児鍼(皮膚への鍼)は赤ちゃんの疳の虫だけではなく、乳幼児期を過ぎた子供に対しても効果があります。
慢性的な緊張や不安は治癒力を妨げるだけでなく、それ自体が心身の問題(症状)となってあらわれてきます。
そういった問題を少しずつ解いていくことは小児鍼(皮膚への鍼)が得意とする分野です。


児童心理学者のM.S.マーラーは子供が母親と一体化した状態から自立していくプロセスを「分離-個体化」と名づけています。(「乳幼児の心理的誕生 母子共生と個体化」)
それは子供が3歳ぐらいまでに安定した自他境界を確立し、少しずつ母親と離れても安心感を保ちながら対象(世界)と接していく成長過程です。
そういったプロセスがうまくいかない場合、子供は分離の感覚から不安や緊張に覆われ、”個体化”が妨げられるとされます。
また、ジョン・ボウルビィやメアリー・エインスワースなどによって提唱された愛着理論では、生後6ヶ月頃より子供は特定の保護者との親密な関係性を段階的に構築し(愛着行動)、それが外の世界に向かって行く際に安心して戻れる「安全基地」となると言われています。
そのような関係性(枠組み)の基礎が構築できない場合は愛着障害が生じるとのことです。

子供の不安(分離の感覚)や緊張と関連し、それらを解除する鍵と考えられるのが体表(皮膚)です。
科学の分野では、近年神経系と同じ外胚葉由来の皮膚表皮で神経伝達物質や受容体が続々と発見されています。
そして有毛皮膚に終末がある神経(C繊維)でも近年新たな発見があり、「安心感を伴なう心地よい漠然とした触感をゆっくりと伝える専用のシステム」(※1)などと呼ばれています。
C触覚繊維によって脳に伝えられる“広汎で心地よい信号”が、心身(の発達)にどのように影響するか等の研究も行われているようです。(※2)

また、皮膚への適切な刺激はオキシトシンの分泌を促進しますが、オキシトシンは自律神経系、神経伝達物質系(ドーパミン、セロトニンおよびGABA/グルタミン酸)、免疫系などと相互作用があります。
脳の報酬系とも関連する枠組み”オキシトシンシステム”は3歳までに基本的な発達が完了し、深刻なストレスによってその発達が妨げられた場合、中毒や依存といった問題への影響が指摘されています。(※3)
また、母親が十分になめたり毛づくろいをして育てたラットとそうでないラットを比較した実験では、扁桃体のベンゾジアゼピン類レセプターの数に有意な差があったとのことです。(※4)
ベンゾジアゼピンには不安を緩解する作用や筋弛緩作用があり、抗不安薬や睡眠薬などにも使われています。
(オキシトシンは自閉症スペクトラム障害との関連性も研究されているようです(※5)が、ベンゾジアゼピンなどと同じく外部から投与しても問題の根本的な改善は難しいと思われます。)


観点によって説は色々ありますが、 子供が生まれ持った肯定感や安心感を内に保ったまま成長していくために、乳幼児期の直接的な温かい触れ合い、目(表情)と目のコミュニケーションなどは欠かせません。
その過程は鳥が卵から孵化するのに温めてもらう必要があるのと似ており、保護者(必ずしも親ではない)との心地よい触れ合い自体が子供の健全な成長に必要な栄養素です。
それは皮膚感覚(境界)を意識する能力を発達させて、自他境界の基本となり、適切な身体イメージや精神的な自己イメージへとつながっていきます。
乳幼児期を過ぎると少しずつ言葉による間接的な接触に移行しながらも、疲れ過ぎた時や傷ついた時、子供はやはり保護者との直接的な接触を求めます。
そのような経験を重ねていくことで他者と適切な関係性を築いたり、緊張を解く能力(システム)が養われていきます。

しかし、緊張を解く能力の限度を大きく超える問題(状況)に陥ると、子供は緊張を解除できなくなります。(それは大人でも同じです)
慢性的な緊張は治癒力を妨げますし、緊張自体が心身の問題(症状)として現れてきます。
疳の虫に特徴的な表情である、眉間にシワが寄る、目がつり上がる、常に表情が固い、などといった状態から進むと、爪かみ、歯ぎしりや食いしばりなど、顔面筋(表情筋)や咀嚼筋等の緊張が強まってきます。
それは虫歯になりやすくなったり、チック、噛み合わせや姿勢にも影響します。
夜尿症、腹痛や便秘・下痢といった問題や心因性発熱などとして現れてくることもあります。
特に何かショックがあった時や環境が大きく変わった時などに潜在的な不安が症状となって表に出てきたりします。

中学生ぐらいになるとイライラや抑うつが強まったり、身体面では頭痛や頭重感、肩こり、おなかの不調(過敏性腸症候群、胃炎・十二指腸炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍)や吐き気(周期性嘔吐症)、過呼吸(過喚起症候群)、顎関節症、手足の冷えやのぼせ、食欲の異常、生理の異常、自律神経の問題、不定愁訴などが出てきたりします。
(問題の原因が全て緊張というわけではありません)
自己イメージが安定せず自信や肯定感が低いと自分自身や他者を大切にすることができなくなりますし、集中して勉強やスポーツなどに取り組むことも困難となります。

小児鍼を含む皮膚への鍼がどのように効くのか、明確な作用機序は(自分には)分かりません。
小児鍼に限らず鍼の作用機序論は、その時代の科学的知見や発見によって変化していきます。
無数の要素が絡み合い相互作用している中で、一つの論に固執して他の可能性を除外することもできません。
しかし経験上、体表に適切な鍼刺激(小児はり)をしていくことで過度な緊張が解けていきます。
そして緊張が解けていくのに伴ない、情緒、消化吸収、筋緊張、呼吸、睡眠など全体の調子が少しずつ変化していきます。

子供でも大人でも、ここでやっていることは基本的には同じです。
緊張や不安を少しずつ解き、治癒や回復、発達や成長をサポートします。
それは何か強い刺激や薬で問題を一時的に抑える(感じなくさせる)やり方とは逆のアプローチです。
鍼の効果は学習されて(トレーニングとなって)、皮膚-境界感覚が養われ、緊張を解く能力や肯定感(自信)などが高まっていきます。
治癒力を発揮するための土壌(システム)を子供のうちに整えることはとても重要だと考えています。





※1「触れることの科学」 P102より デイヴィッド・J・リンデン著 岩坂彰(訳)
※2「The functional organization of cutaneous low-threshold mechanosensory neurons.」
   「Discriminative and affective touch: sensing and feeling.」
   「Quantifying the sensory and emotional perception of touch: differences between glabrous and hairy skin」など
※3「Individual differences underlying susceptibility to addiction: Role for the endogenous oxytocin system」
※4「Maternal care during infancy regulates the development of neural systems mediating the expression of fearfulness in the rat」  
※5「自閉症とオキシトシンの研究:東京大学/金沢大学」 「オキシトシンと発達障害」



受け方


皮膚への刺さない鍼(体表の鍼・小児鍼)は刺す鍼とは異なる技術です。
できれば子供に小児鍼を受けさせる前に、ご自身が患者として皮膚への鍼治療(接触鍼、刺さない鍼)を受けてみるとよいと思います。
皮膚への鍼が子供にしか効かないということはなく、もちろん大人にも効きます。
ただし、基本的に大人の方が子供より問題が複雑でこじれているので、技術を要します。
そのため、そこの治療院(施術者)の皮膚への刺さない鍼がご自身(大人)に効けば、子供にも効く可能性は高いと言えます。
特に親や近親者であれば、子供と体質等が似ていることが多いですからなおさらです。

まず、ご自身で鍼を受けてみて、効果を実感して、信頼できると感じたら子供に勧めてみて下さい。
子供のためにお風呂の熱さを確かめたり、味見をしたりするように、こういったことは自分の身体(皮膚)感覚に基づいて判断する方が適切です。
あまり頭でっかちに考えていくと、派手な宣伝や肩書き、店(設備)の立派さなどに引っ張られたりして、実際の身体感覚とはズレていくことがあります。
特に、お腹や背中に普通の鍼(ごう鍼)やてい鍼で刺さない鍼をされると、その施術者の上手下手や合うかどうかは容易に(直感的に)分かると思います。
刺激自体が不快でないのはもちろん大切ですが、刺激自体の気持ちよさよりも、その後どう変化していくかも大切です。

それで子供にも勧めたいと感じたら、たとえまだ子供が話せなくても
「お母さんは受けてみてよかったんだけど、○○ちゃんも小児はり受けに行く?」
などと問いかけをして意思を確認して下さい。
その方が子供も安心して鍼を受けることができます。
ご自身が本心では受けたくないと思っているものを子供に無理強いしたり、まず子供に受けさせてよさそうだったら自分も受けよう(毒見させよう)などと考えていると、子供は混乱して逆に治癒力を妨げることになります。

また、親が慢性的に緊張や疲労をしていると子供の微妙な感情を意識しにくくなったり、共感することが減ったり弱まったりします。
親が気づかないまま子供に緊張を強いていることもありますし、子供は親の緊張を含めて真似しようとします。
(「この子はいつも眉を寄せているんです」と心配そうに言うお母さんの眉が寄っていることは多いです)
子供との触れ合いを心地よいものにするためにも、ご自身の疲れや緊張を解消していくことはとても大切です。
気持ちにゆとりが生まれて自分自身や子供に対して気づくことが多くなりますし、対応の幅が広がります。

「まずは子供の問題を改善したい」という考え自体は悪いものではありません。
しかし、緊張やストレス、疲れ、不安などといった問題に関しては、自分から解消していく方がスムーズなことが多いです。
親のコンディションがよくなること、そして親子関係がよりよくなることは、子供の問題改善を後押しします。
現在当院では保護者や子供との信頼関係に基づいて取り組むために、基本的にここの鍼を受けたことがある方のお子さんやお孫さんに小児はりをしています。

小児はりを受ける頻度は、状態や状況により様々です。
こちらが次回予約を強制・強要することは一切していません。
質問された場合、当院では基本的に以下のようにお答えしています。

最初は少し間隔をつめて、変化や効果を確認するとよいと思います。
それで効果を実感できたら、方向性が合っている、改善の可能性があるということです。
(もし効果を実感できなければ小児鍼の適応ではないか、その先生とは合わなかったということだと思います)
その後は週に1回程度で続けて、よくなっていったら徐々に間隔をあけていくのがよいと感じています。
あまりあせらず、気長に根気よく続けていくことが大切と考えています。


ページトップへ戻る


観察


小児はりで激しい反応が出ることは滅多にありません。
自律神経の切り替わりなどの変化も、大人よりスムーズです。
しかし、小児はりの後は(特にはじめのうちは)特によく経過を観察して下さい。
心身の反応(変動)は生じますし、それは子供にとって普段とは異なる体験です。

治癒プロセスにおける心身の変動は様々です。
たとえば、風邪の時にウイルスと戦うための発熱や咳や鼻水、傷んだものを食べた時の下痢などはその代表です。
当然のことながら、そういった時は特に保護者の注意が必要となります。
必要な時に保護者の注意(ケア)が足りないと、子供は治癒プロセスを安心して体験・学習することができません。
それが不安感と結びつくと注意を向けてもらうため問題を起こしたりしますし、それでも注意が向けられない場合は見捨てられ感が生じてきます。
また、子供は自分が体調が悪い時に(それが理由であってもなくても)親がイライラしていたり、過剰に心配される(薬漬けにされる)と、治癒反応を抑え込むようになります。

それらは注意深く見守ること(観察)とは逆の無視(ネグレクト)や過干渉であり、「治癒反応は悪いこと」として子供の記憶に深くインプットされます。
治癒プロセスに身を委ねる事や自然な回復を待つことができなくなり、小さな問題も拗れて治りにくくなっていきます。
(特に緊張やストレスから症状が現れている場合、問題は悪化していきます)
それが解除されなければ、大人になっても治癒反応を抑え込むパターンを繰り返してしまいます。
そういったパターンは身体の不調だけでなく、感情の抑圧や依存・中毒とも関連します。

子供が治癒プロセスを体験・学習していくために、小児はりの後などは普段よりも注意深く見守って下さい。
自分の中にある力で治ることを体験することは、その後の人生において自信の種(たね)となります。
そして治癒に伴なう心身の変動は保護者に見守られているという安心感によって緩和されます。
プロセスを学んでいくことで、子供は次第に保護者の注意を必要としなくなっていきます。




ページトップへ戻る


実践


自分で子供に小児鍼をできるようになると、いろいろ役に立ちます。
子供がちょっと体調を崩した時や精神的なショックがあった時、慢性的な問題の場合の長期的な取り組み、などに小児鍼をすることができます。

もしご自身で子供に小児鍼をしたい場合は、

  1. 自身で皮膚への鍼を受けて経過を観察する
  2. 子供が小児鍼を受けるのを見てその後の経過を観察する
  3. 大体のやり方と、どのような経過を辿るかを知る
  4. 自分自身に対して行い、効果を実感する
  5. 身近な大人(パートナーなど)に対して行い、効果を実感する
それらのステップを経てから子供に行えば問題なくできると思います。
以前は頼まれるとやり方を教えていたのですが、現在当院では小児鍼のやり方を教えることは特にしていません。

小児鍼はとても簡単に見えます。(大工さんのカンナ掛けなどを見るのと似ていると思います)
そのため、「こんなことならすぐに自分でもできる」と考えてしまう人が多いのは当然と言えます。
そして本やマニュアルも数多く出ており、「こういう場合は○○経や○○のツボ」などと書かれていることもあります。
道具も(代用品も含め)すぐ入手可能でしょう。
また、子供のことを心配していたり、自身の疲れが酷い場合、つい焦ってしまうのも理解できます。
しかし、自分がされてみるとよく分かりますが、皮膚への鍼(接触鍼)は下手にやられると大変不快です。
そして不快な刺激や刺激過多の場合、問題が悪化していくこともあります。
(問題の悪化と治癒反応による一時的な変動は異なります)

そしてより正確に言えば、不快な小児鍼や刺激過多の場合でも症状が一時的におさまる(変化が起こる)こともあります。
しかしそれは問題を無理に抑えこんだだけで、子供の自然な反応を怒鳴りつけたり暴力で抑圧するのと同じです。
子供の緊張を更に強めることで問題が潜在化して大きくなり、やがて酷くなって戻ってくるか他の問題として現れてきます。
そして不快な小児鍼でも乳幼児からはハッキリ文句を言われないので(実際は伝えてきているのですが)、スキルアップが難しいです。

何事もセンスの問題はあり、一度見たり受けただけで大体やれる人は確かにいます。
そういう人は程よくリラックスしていて感覚や観察力が優れており、興味を持って練習を続けたり自身も鍼を受けたりして、更にうまくなります。
逆に緊張が強い方は、当然のことながらより多くの練習が必要になります。
実際に触れて感じ取ったりすることが苦手で、「こういう場合はどこに鍼をするか」という外からの知識を求めることが多いです。
そういった状態のまま子供に鍼をしても効果が出ず、すぐ辞めてしまうことになります。
何度かそのようなことに遭遇し、それでは誰のためにもならないと感じました。

皮膚への鍼治療を学びはじめの内は、国家資格を取得した者同士の練習でさえ刺激過多や不快な刺激による悪化がしばしば起こります。
(適切な指導者の下での練習であれば、酷いことにはならず戻せます)
皮膚への鍼に真剣に取り組めばそういった失敗は(学び始めの頃は特に)起こりうるものであり、一度でもそのような経験をすれば「小児はりは誰でも簡単にできます」とは言えなくなります。
最初はとても緊張が強かった人がこつこつ練習を重ねて、自身の緊張が解けるのに伴なってとてもうまくなることもあります。
これらのことから当院では初めから親が子供に行うのではなく、順次ステップアップしていくことを提案しています。


小児鍼をすることで子供の境界をより尊重できるようになります。
もしご自身と親との境界が定かでない場合(親から境界を侵害されてきた場合)、そういった問題はなかなか認識されませんが、自分と子供との境界は大きなテーマとなります。
また、たとえ問題意識があったとしても、子供にどのように接するか、具体的な“仕方”が分からないこともあります。
その場合、小児鍼を練習していくことで、基本となる直接的な接触から”境界の尊重”を学び、表現することができます。
子供の境界を尊重することは、その存在を尊重することにつながります。
それは自分自身への様々な気づきや理解となります。
子供時代に親から保護されず、自分で自身のことを大切にできない場合、世代を超えた負の接触の連鎖を断ち切ることは容易ではありませんが可能です。

当然ながら、子供が嫌がる時は無理に行わないで下さい。
そういう時やそういう時期はあります。
また、もし自分が子供に優しく触れることに何か葛藤を感じる時は無理に小児はりをしないで下さい。
そういう時はありますし、それを認めず無理に行う方が問題がこじれていきます。
大切なのは丁寧な観察と、時間をかけてゆっくりと進めていくことです。

あせらず、気負わず、心地よい小児鍼の継続が問題の改善へつながっていきます。
鍼治療を通じて、親子とも元気で境界を尊重し合える関係づくりに貢献できれば幸いです。



ページトップへ戻る



         
    次のページへ


目次


Copyright©2012-2017 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。