代表的な効果


体表の鍼の効果について

“医学にとどまらず、すべてにおいて、現代では何でも、いますぐ、直接に効く対症療法を考える。しかし、その即効性というのが何を代償にしているのかということを考えない。もう、なんというか、あきれるほどお人好しなやり方です。”

        「三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話」 (井上ひさしとの対談:子孫にしかける戦争より) ミヒャエル・エンデ (@Michael_Ende_jp)

※当ホームページをご利用していただくにあたり、まずはこちらのページのご利用前にをご確認下さい。

  1. 包括的な効果
  2. 慢性的な筋緊張
  3. ストレス
  4. 生活習慣病




1.包括的な効果


体表の鍼で生じる自覚しやすい変化としては、

などがあります。
そして消化排泄や循環(血流)など身体内部の様々なはたらきや精神にも変化が及びます。

そういった変化は施術直後に感じる場合もあれば、様々な施術後の反応(こちら)を経て、翌日や翌々日などに実感する場合もあります。
また、明確に実感できない場合もあります。
「言われてみたらあの問題が気にならなくなっている」、「はっきり分からないけど何となく調子がよい」ということも多いです。
(身体感覚や感情に敏感な人、スポーツや演奏などを日常的にしている人、医療や介護に携わっている人などは変化に気づきやすいと思います。)
長期的な推移は病院での定期的な検査やご自身で何か記録をつけたりするなど、客観的指標があると分かりやすいです。

慢性的な緊張が心身に及ぼす影響は、一般に考えられているより遥かに大きいです。
そのため、それを解消していくことで生じる変化(効果)もまた幅広く深いです。
身体を包んでいる皮膚に鍼をすることで包括的な効果が現れます。

(対象となる問題の例としてはこちらをご覧ください)


  

ページトップへ戻る






2.慢性的な筋緊張への効果

慢性(習慣)的な緊張の中で、実感しやすいのが筋緊張です。
慢性的な筋肉の過緊張は頭痛・肩痛・肘痛・腰痛・膝痛などの慢性的な痛みや、肩こり・顎関節症・ムチウチ症状・不定愁訴などとなって現れます。
動きやバランスが制限・制約されるため、日常動作だけでなくスポーツや演奏などのパフォーマンスにも負の影響を及ぼします。

慢性的な筋緊張は運動後の筋肉痛や同一姿勢を続けた場合の一時的な疲労とは異なり、 時間の経過とともに回復していきません。
部分的に身体状態を意識できなくなることで、身体イメージが歪み、不要(無理)な筋緊張が継続します。
様々な筋肉が関連した緊張筋群、緊張筋系統となって、骨も筋肉に引っ張られて動きや重心、姿勢バランス(アライメント)などにズレが生じます。
そして血流や内臓のはたらきなども影響を受けます。
また、余分な力が入っていると重さなどの差異が感じ取りにくいように、精神的にも自分や他者(外部)のことが感じ取りにくくなります。

本人は自分が力を入れ続けていることを自覚できないため、元に戻せません。
そういった筋緊張は何らかの記憶から「そこに力を入れておく必要がある」として無意識に行っている習慣です。
そのため自分で力が入っていること(力を入れていること)を自覚して、解除されなければ解決しません。
(急性の筋肉痛や衝撃も適切に処理されないまま残ると緊張が慢性化していきます)

習慣的な緊張を強く指摘されると(たとえば猫背の人が「姿勢を正せ」と命令される等)、緊張している筋肉はそのままで他の筋肉の緊張を強めて見せかけのバランスを取ろうとします。
新たな(不要な)筋緊張が生じて、元の筋緊張は更に強まり、本質的な改善からは遠のいていきます。
筋弛緩薬や外からの強い刺激などで筋緊張を一時的に下げても同じです。
何の気づきもないまま、その状態を「異常」として再び力を入れ直すだけです。
ひどい場合は筋緊張を解かれた状態にある種の不安を感じますし、「強い刺激を受けないと筋肉はほぐれない」といった思い込みも強まります。
次は緊張が解けないように、以前よりも更に力を入れるでしょう。

そういった問題は外からの強制や指摘、一時的な麻痺で解消することはできません。
蛇口から流れている水を止めるには水を手で抑えるのではなく、栓をまわして閉めることが必要です。
必要なことは強い刺激で緊張を一時的に麻痺させることではなく、無理に頑張ることでもなく、緊張の認識であり理解です。
アプローチするのは筋緊張という結果ではなく記憶-習慣という過程であり、筋肉ではなく神経系と同じ外胚葉由来の皮膚表皮(体表)です

余分な(不要な)力が入っている場合、体表のどこかに意識できない部分があります。
自己(身体)イメージと実際の身体状態との間にギャップが生じており、それは皮膚と筋緊張のギャップとして現れます。
体表のツボは身体イメージと現状(現実)、そして皮膚と筋肉(の弛緩・緊張)のアンマッチに気づくポイントです。
そういったツボに明確に意識できない鍼刺激をすることで、皮膚が筋肉の緊張に合った状態に変化(移動)し、調整され、筋緊張が解除されます。
緊張の習慣が弱い場合や識別力が強い場合は、それで緊張状態への気づきが生じ、「もうそのように力を入れておく必要がない」という理解によって緊張が解消します。

緊張の習慣が強い場合、筋緊張の変化は以前の習慣によって元の状態に戻されていきます。
しかし「筋肉をほぐされた」という認識がないまま、筋緊張が(たとえ少しでも)変化したことを実感すると不思議な感じがします。
その感覚(普段の状態との差異)を体感することは、知らない道にマーキングしていくのと似ています。
筋緊張が戻ってもマーキングした状態は忘れず、その差を埋めていくプロセスが始まります。
鍼治療を続けていくことで識別力や観察力が深まり、より明確に感じとれるようになっていきます。
意識できなくなっている(同一化している)習慣化した筋緊張を対象として認識するようになり、どこに緊張があり、何に緊張しているか理解していきます。
理解に伴なって緊張の程度が弱まり、緊張が戻ってくるのが遅くなり、緊張の解除がスムーズになり、自然と気にならなくなっていきます。

そのプロセスは身体感覚を識別し、不要な緊張を解除していく練習です。
基本的に身体の練習ですから、効果を上げるためには「トレーニングの5大原則」が当てはまります。

  1. 漸進性の原則・・・結果を焦らず徐々に効果を積み上げていくこと
  2. 全面性の原則・・・特定の部位だけでなく全身を鍛えていくこと
  3. 意識性の原則・・・本人が目的を意識して主体的に取り組むこと
  4. 個別性の原則・・・個人の目的や現状に合ったアプローチをすること
  5. 反復・継続性の原則・・・一定期間に渡って定期的・継続的に取り組むこと
筋肉を鍛えていく(筋力を高めていく)ためのトレーニングに関してはよく行われますが、不要な筋緊張をOFFするトレーニングはあまり行われません。
しかし痛みを解消するため、動作を楽にするため、スポーツ・演奏などのパフォーマンスを向上させるために、不要な筋緊張を解消していくことは重要です。
そして逆説的ですが、

などが効果的だと感じています。

筋緊張が解けることで関節のアライメントなども変化します。
部分のバランスが全体に統合されて重心が安定し、”その人にとって”より無理のない姿勢となっていきます。
末端の特定部分に力が偏る非効率的な動き方から、他の部分と連動したより効率的な動き方となっていきます。
それらは身体内部のはたらきにもよい影響を及ぼします。
また、特定の部分にのみ負担をかける習慣的な姿勢や動き方が変化することは、精神面にも影響します。
身体が「していること」を知ることは、その背景にある「したいこと・したくないこと」を知るきっかけとなり、自分が何を大切にするのか、何に力を注ぐのか等が変化していきます。

単に「肩こり」と言っても記憶と習慣を基に、動き方や姿勢、感じ方や考え方、人間関係などあらゆることが関連しています。
慢性化した緊張状態が解除されていくプロセスは、本人にとって長年の重荷から解放される大きなドラマとなります。
皮膚へ鍼をすることで、断片(フラグ)化した身体イメージという情報が統合・最適化され、パフォーマンスが向上します



“皮膚は~要するに筋のトーヌスを調整する器官の一つなのである”

        「皮膚-自我」 ディディエ・アンジュー著 

ページトップへ戻る





3.ストレスに対する効果

体表の鍼治療は精神的ストレスからの回復や、ストレスに対する精神的な防衛システムの修復・発達を促します。
ストレスに対する境界(防衛線)の穴、悪影響を及ぼす思考や感情の反応パターン、などに気づくポイントが体表のツボです。

境界である体表(皮膚)への自然な意識は、”今ここで自分がどのように感じているか"に気づくために必要です。
それは自分を守るための境界となります。
しかし、過度なストレスやショックから緊張状態に陥っていると、体表(状態)への自然な意識を妨げられます。
自分の感情や疲れを適切に意識することが困難になり、他者の感情や欲求を過敏に感じて反応したりします。
うまく治り切っていない傷跡や手術跡による皮膚の瘢痕が運動制限や拘縮を起こすように、治り切っていない精神的な傷は心の働きを制限します。

緊急時には生存のために感情を意識しないまま行動することも必要であり、そういった反応は元々人に備わった機能です。
(一時的に大きなショックを受けた場合の他に、継続的なストレスでもそのような反応を引き起こすことがあります)
感情を意識しないために体表状態を無視して(同一化して)、緊張状態を継続させています。
しかしそれは一時的・部分的な仮死状態(擬死・死んだふり)であり、いつかどこかで息を吹き返す必要があります。

東洋医学では外部(外界)から内部を衛(まもる)ために、体表を巡っている気を「衛気(えき・えいき)」と呼んでいます。
東洋医学では怒・喜・思・悲・憂・恐・驚といった感情の偏りが度を越すと、病気の因(内傷・内因)になると言われています。
そして「内傷なければ外邪入らず」という言葉もあり、感情の偏りによって外界環境(風・暑・湿・燥・寒・火)への適応力が弱くなるとしています。
内傷は自他境界である体表で生じる傷であり、身体と心を守るための境界(衛気)が機能不全に陥っている状態と言えます。

緊張状態が続くことで次第に不安感、過敏な反応、集中困難等の精神的問題や、慢性的な筋緊張(首肩のコリや頭痛)、疲労感といった身体症状も現れてきます。
そして弱い部分から大きな問題となっていきます。
その状態のまま、現れた症状を薬で抑えようとするのはアクセルを踏みながらブレーキを踏むようなものです。
たとえ一旦良くなったように感じても、問題は時間をおいて、もしくは他のところで更に拗れて現れてきます。
車を停めるにはまず自分がアクセルを踏んでいることに気づき、足を離すことが必要です。

当院では体表から緊張を解いていきます。
鍼施術によって体表へ注意が向かうことで、それまで意識できなかった感情やストレスが認識されます。
抑圧していた感情などに直面(認識)することは衝撃となりますが、体表の鍼治療はそういった認識に伴なう身体反応(情動)のショックを緩衝し、観察をサポートします。
意識できなかった感情やストレスは、認識されること(注意深い観察)によって消化されて(手放されて)いきます。
そして習慣的なストレス状態が解消します。
体表の鍼治療は、未処理の(受け容れができない)ままでいる出来事の消化(昇華)活動をサポートします

それは自他境界の再編となり、それに伴なって、

などの変化が生じます。

特定の思考や感情がグルグル巡る習慣が対象化されていくことで弱まり、同じパターンに引きずりこまれる程度や頻度が少しずつ下がっていきます。
自分の感情の渦に飲み込まれたり、他者の感情に巻き込まれても、そこからの回復が早くなっていきます。
精神的なストレスがゼロになるわけではありませんが、周囲との人間関係や物事の感じ方・考え方、身体の緊張やバランスなどが以前より無理のないものへ落ち着いていきます。

そういった回復のプロセスは途中で後戻りすることやキツイ時もあります。
それまで抑圧してきた感情に気づくことは、鍼で緩衝されても、少なからず心の痛みや変動を伴ないます。
特に子供の頃から緊張状態が続いている場合は問題も根深く、境界機能の回復や発達にも時間がかかります。
しかし長い目で見ると少しずつ進んでいき、枠組みが再編されていくのに伴なって変動は徐々に収まっていきます。
山や谷を越えるごとに、よい方向へ進んでいるという実感や自信が生じ、安心感、肯定感などが回復してきます。

ここでの鍼治療は体表を巡っている衛気の滞りを解消し、その機能を高めていきます。
それは精神的ダメージから回復するサポートであり、体表(境界)を意識する能力を発達させていく(障害を除く)ためのトレーニングです。



“たぶんこれは真実だろう 皮膚伝導反応なしに、ある情動に特有な自覚的な身体状態をもつことはない。”

        「生存する脳Descartes'Error」 アントニオ・R・ダマシオ著



ページトップへ戻る


         
    次のページへ



目次


Copyright©2012-2016 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。